ページトップへ

第16弾!長澤俊之さんジャケットスタイル完成!!!

ファッション通信
今回は某大手印刷会社に勤める長澤さんのご紹介です。

長澤さんとの初めての出会いは僕が会社員で横浜マルイでショップの店長をやっていた頃です。

当時は24歳ぐらいでした。10年ぐらいずーっとお付き合いがあります。

長澤さんとは買い物の後に一緒に食事にも行きますし実は川崎家に泊まったこともあります(^^;

店員とお客の仲を越えた関係なんですね~!!!

僕はお客さんとそんな人間関係を築けることが一番大切なのではないかな~と思っています。

そんな長澤さん!今回はオーダーでジャケット+スラックス+シャツ+靴を作って頂きました!

靴はまだ完成していないので靴以外をご紹介します。

スーツ

チャコールグレーのジャケットにライトグレーのパンツを合わせました。

すごく品が良く見える色の合わせです。

ただ全体がボケないようにシャツはストライプの柄でメリハリをつけました。

スーツ

体型が細身の長澤さんに合わせてラペル幅(襟幅)も細く設定してあります。

スーツ

シャツはノータイでもサマになる弊社オリジナルのこだわりの使用です。

台襟ウラにはチェック柄をワンポイントで入れています。意外とうるさくならないです。

長澤さんありがとうございました。

あっ!ご結婚おめでとうございます!!!

今後とも末永く宜しくお願いします!!!

筆者紹介

course_kawasaki

川崎 浩一 K-51 International CO.,LTD.

10代からアパレル業界に身を置き30歳で独立。

異業種の人々との交流が増えてくる中で、
経営者含め一般ビジネスマンの身だしなみに対しての
意識の低さとスーツのビジネスマナーの無知さに愕然とする。

身だしなみを整えることはビジネスにおいての

マナーであり相手に対しての礼儀である

という事を伝え、年齢・体型・シチュエーションの合わせた
大人のスーツスタイルを提案している。

→プロフィール詳細