ページトップへ

オーダーメイドの種類

K-51が提供するオーダーメイドの種類と特徴

スーツ豆知識
オーダーメイドは大きく分けて「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」の3つに分けられます。それぞれの特徴を簡単にご説明しましょう。

パターンオーダー

イージーオーダーを簡略にして袖丈や身丈を微調整してサイズを合わせます。既製服に直しを入れたようなものです。 イージーオーダーよりも納期が短く、価格もリーズナブルで注文しやすい。既製品のスーツとあまり変わらないため、オーダースーツ初心者の入門編のような感覚です。

☆メリット

・フルオーダーやイージーオーダーに比べ、安価で作る事ができる
・実用性重視で複数のスーツを揃えられる(着回しも可能)
・納品までの期間が早い(通常1週間程度)
・スーツの知識があまりなくても、比較的簡単に注文できる
・デザインが豊富で最新流行に沿ったモデルから選べる
・スーツの知識を深められる
・スーツ選びのセンスが磨かれる
・フルオーダー、イージーオーダースーツを作る際の基本を知れる
・インターネットで注文できる場合もあり便利

★デメリット

・既存のスーツに補正をかけるだけなので、うまくフィット感が得られにくい
・補正できない体型などがある
・オプションやディテールの好みを反映させられない
・フルオーダーに比べてしまうと、品質がやや劣る

イージーオーダー

あらかじめ基本的な型紙のパターンが決まっていて、その中からサイズの一番近いデザインを選び、採寸を行って注文者に合わせてサイズに補正をかけながら製作します。フルオーダーの簡易版ですね。フルオーダーに比べて希望を反映させる事が難しく制限がいくつかありますが、納期が短く比較的リーズナブルな価格で注文できます。

☆メリット

・フルオーダーに比べ、安価で作る事ができる
・ある程度品質の優れたスーツを作ることができる
・採寸して自分に近い型紙を使用して補正をするため、フルオーダーとあまり変わりなくフィットしたスーツが完成する
・スーツの知識があまりなくても、比較的簡単にオーダーできる
・体に合った上質なスーツを着ている事で、自信が満ちてくる
・気にいったスーツを着ることにより、規制服を選ぶ時の判断材料になる
・オーダースーツの知識を深められ、センスが磨かれる
・フルオーダースーツを作る時の軽い練習になる

★デメリット

・仕上がりの期間を要する(通常2週間ほどが多い)ため、すぐに必要な場合に対応できない
・既存の型紙に補正を加えるので、完璧なフィット感が得られにくい
・ある程度のオプションやディテールの好みを反映させられる

フルオーダー

テーラーが採寸を元に一から型紙を起こし、裁断・縫製などすべて手作業で仕上げられます。自分の要望(デザインやボタンなど)をテーラーに細かく伝えられるので、オーダーの中では最も好みを反映させる事ができますが、それだけに時間も費用も要します。

☆メリット

・品質の優れたスーツを作ることができる。
・個別に採寸して自分だけの型紙を起こす為、体にフィットしたスーツが完成する
・流行りに左右されないスーツを作れる
・スペアパンツだけを作る事も可能
・細かいデザインやオプションを反映させられる。
・世界に一つしかない納得のいくスーツを仕上げられる
・体に合った上質なスーツを着ている事で、自信が満ちてくる
・サイズ直しや修理などのアフターケアが充実している(サービスの範囲はテーラーによる)
・スーツを作る工程を知り、幅広い知識を深められる
・本当に良いスーツを知る事で、スーツを選ぶ目が養われる
・常に良いものに触れる事で、理想のスーツを身体で覚えられる
・上質なスーツを着ることにより、規制服を選ぶ時の判断材料になる

★デメリット

・仕上がりまで期間を長く要する(通常3週間ほどが多い)ため、すぐに必要な場合に対応できない
・価格面のハードルが高い

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る