ページトップへ

スラックスのディテールのポイント

スラックスは腰の位置に合わせて、
ウエストは手のひらが入るくらいのサイズがいいでしょう。

 

ベルトで締めたときにしわがよってしまうのはサイズが大きい、
ポケットの口が広がってしまうのはサイズが小さいためと判断します。

 

スラックスの素材にもよりますが、折り目をしっかりと残しておくと
たとえ綿であってもきちんとした印象を与えます。

 

ビジネスのものは、しっかりと折り目を付けるようにしましょう。

 

タックは数だけでなく、タックの向きによっても印象が変わるものです。

 

内倒しのインタックと外倒しのアウトタックがあり、
通常はアウトタックです。

 

しかし、イングリッシュスタイルやオーダーメイドでは
インタックを採用することもあります。

 

スラックスは細身のものが人気です。

 

生地に縦にラインが入ってると、チェックや無地のものよりも
見た目に足長な印象を与えます。

 

縦に視線を流すので、体形を気にされる方にはおすすめです。

 

ビジネスで着用する際は、
目立たない細いラインのものを選びましょう。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る