ページトップへ

スーツで脚を長く見せるには

男性であれば背を高く見せたいという方が多いですよね。

その中のほとんどの方は、足を長く見せたいと思っていることでしょう。

特にスーツを着ると短い脚が際立ってしまうというお声もよく聞きます。

そこで今回は、スーツで足を長く見せるポイントをご紹介いたします。

まず、一番大切なことはサイズが合っているかどうかです。

スーツのジャケットが長い方をよく見かけますが
これが脚を短くみせてしまう一つの要因です。

ジャケットの丈が長いとどうしても胴長に見えてしまいます。

そして、スラックスに関しても
裾が長すぎるのは良くありません。

少しでも脚を長く見せようと、
自分の脚より裾を長くしてしまう方は案外多いのではないでしょうか。

しかしながら、スラックスの裾があまりにも緩んでいると
スラっとした長い脚からはほど遠いものとなってしまいます。

また、スラックスのウエストにダブルタックが入っているというのも
短い印象を与えてしまいがちです。

腰回りがダボっと見えてしまうためです。

タックの入っていないものを選ぶことで、
きれいなヒップラインになりますよ。

ヒップラインも脚を長く見せるにはとても重要なポイントなのです。

いかがでしたか?

脚を長く見せるには全体のバランスが大切ですので、
上記のことを参考にしてみてくださいね。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る