ページトップへ

スーツに合わせるベルト

K-51の「できる男」たちがこだわるベルトの選び方

スーツ豆知識
ベルトの色は、靴の色と揃えるのが基本的なコーディネートです。よって靴の色に多いブラックやブラウンのベルトが主流になります。
スーツの色と合わせる場合には、ダークなスーツには黒系、明るめのスーツに茶色を合わせるのが一般的です。
さらに上級テクニックとして、ベルトのバックルとバッグの金具色を合わせたり、ベルトと時計のレザーの色を合わせる方法もあります。
ここで、あまりに違った色を組み合わせると、全体のバランスが悪くなり、ちぐはぐな印象を与えてしまいますので注意しましょう。小物だけではなくスーツを含めた全体のバランスを考慮して選ぶと良いでしょう。

【 靴の色に合わせる】

ベルトと靴の色を合わせるのが基本コーディネートです。
2色使いのベルトなら1色は正確に合わせるようにしましょう。

【 スーツの色に合わせる】

パンツの色より淡い色のベルトを合わせるとしっくりきます。例えば、
・ブラックやダークグレー系のパンツ+ライトグレー色のベルト
・ダークブラウン系のパンツ+オレンジブラウン色のベルト
・ブラウン系のパンツ+ベージュ色のベルト

【 シャツの色に合わせる】

シャツの柄の色にベルトの色を合わせると、ベルトの色彩が際立ちます。

【 ネクタイの色に合わせる】

ネクタイの柄の色にベルトの色を合わせると、一味違ったコーディネートが楽しめます。
ただし、やりすぎてもクドくなってしまうので、良い塩梅で揃えましょう。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る