ページトップへ

スーツの着こなしで注意するべきこと

スーツを長く大切に使うためには、着こなし方にも気をつけましょう。
着こなし次第で、スーツの持ちも変わってきますよ。

例えば、汗ジミが出来てしまうような事になれば、見た目が悪くなりますし清潔感がありませんよね。

汗ジミが出来る原因としては、インナーを着用していないため、汗ジミができてしまう事になりますので、インナーを着用するようにしておかなくてはなりません。

しかし、インナーが襟元から見える状態にならないようにしましょう。

インナーが襟元から見えていると、私服感が出てしまうことになりますので、ビジネスの上ではよくありません。

もう一つ注意しておきたいのが、インナーが透けている状態です。

中に着るから何でもいいだろうと色の濃いものを着ていると、インナーが透けて見えるようになります。

無地であれば目立ちにくくはなりますが、柄物となると、余計に目立ってしまう事になりますので、出来るだけ無地で透けないものを選んで着るようにしましょう。

そういった点に注意しながらスーツを着こなしていけば、汗じみが出来ることもなく上手く着こなしていくことが出来ますよ。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る