ページトップへ

スーツ選びで注意するべきこと

社会人の礼装であるスーツですが、着慣れていない方は選び方が分からず失敗することがあります。

新大学生が入学式で着る時、就活生が面接を受ける時、新社会人が初出社する時など、きちんとしたスーツを着ていないとだらしない印象を与えてしまいます。

ではどのようなスーツを選べばいいのでしょうか。
スーツ選びで注意するべきなのはブランドや価格ではありません。
サイズ感です。

きちんと自分の体に合ったものを着ると清潔感が出ますし、逆に大き目のサイズはだらしない印象を与えてしまいます。
例えば肩幅が余っていると時代遅れのような印象になりますし、太すぎるパンツはスタイルが悪く見えてしまいます。

そして長すぎる袖は幼い印象になりがちなので注意しましょう。
まるで中学生になりたての子供が着慣れない学生服を着ているようになってしまいます。

そうならないためにも、スーツを購入する際には試着が必要です。
スーツは同じサイズ表記でもブランドやお店によってサイズ感やフィット感が異なります。
そのため試着をすることをお勧めします。

そしてぴったりとフィットしたスーツを着ると、ブランドなど関係なくカッコよく見えますよ。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る