ページトップへ

ビジネススーツはシングルが無難って本当?

スーツを購入した時に、裾上げについて聞かれて困ったことはありませんか?

ビジネススーツはシングルが無難だと言われていますが、正装である燕尾服やモーニング、タキシードといったズボンの裾には折り返しがありません。

ビジネススーツは正装ではなく略礼装のため、スポーティーなダブルが似合う方もいるので、アクティブに働く男性には選ばれています。

スーツの原点とされるタウン時コートが誕生した時には、生地の厚みや重さから折り返すといった発想がありませんでした。

現代のスーツは少しずつ変化して、生地の薄さが繊細になっています。
ダブルの折り返しを付けることで、足元に存在感を出させて靴に負けないおしゃれを楽しめますよ。

グッドイヤーウェルテッド製法の靴にはダブルの方が相性が良いのは、イギリス生まれで重厚だからです。

重厚感よりもシャープさをとるならシングルの仕上がりの方が、幅が狭いデザインの靴ではバランスが良い場合もあります。

ビジネススーツの裾上げはダブルでもシングルでも全く問題がないため、自分のスタイルに合ったものを選んでみて下さいね。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る