ページトップへ

格好悪いスーツスタイルって?

スーツを着てバッチリ決めたつもりでいても、着こなしが間違っていれば逆に格好悪い印象になってしまいます。

一番避けたいのは着丈が短いスーツスタイルです。
最近では、ストレッチがしっかり入っていてタイトなラインのスーツも人気がありますが、着丈が短いためにおしりの上の方までしかジャケットで隠れていないような場合だと、せっかくのスーツスタイルも台無しになってしまいます。

そして、バックル付きベルトも避けたいものです。
どこかに自分らしさを出したいからといって、バックルで表現するのはやめましょう。
おしゃれでする方も多くいらっしゃいますが、ベルトなどの小物類も意外と見られているものです。
こだわりたい場合、質の良いレザーのものを選ぶなどすると良いでしょう。

そして色糸を使ったシャツも同様におしゃれにこだわったつもりが恰好悪く見えてしまう代表格です。
たとえば襟やボタンに色糸が使われており、凝ったデザインだと思われるかもしれませんが、こうした色糸を使ったシャツは一目見ただけでわかります。
時には安っぽい印象を与えてしまうこともありますので、注意が必要です。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る