ページトップへ

正しいジャケットの着方って?

ジャケットはビジネスにおいて正装に当たり、綺麗に着こなせているとそれだけで印象が良くなります。

しかしリクルートスーツの学生や若い人を見ると、正しい着方が出来ていない人をよく見かけます。
着方を知らないでマイナスの印象になってしまうのは勿体無いですよね。
今回は、正しいジャケットの着方についてご紹介していきたいと思います。

まずジャケットのボタンの留め方ですがボタンの個数に関わらず、一番下のボタンを開けるのが正しい着方なのです。

両方留めてしまっている人が実に多いのですが、両方留めるとシルエットが崩れてしまうこともあるので一番下は開けておくようにしましょう。

また座っている時は外しておく方がスーツを長持ちさせますし、マナー違反にもなりません。

サイズに関してですが、ジャケットの長さはお尻が隠れるよりも少し短い着丈を意識すると綺麗に見えます。

ショート丈が流行っていますが、基本はこの長さだと覚えおくと良いですよ。

横幅はお腹周りに余裕があるサイズのものを選ぶとシワになりません。
大きくても小さくてもシワがよってしまうので注意しましょう。

肩幅に合っていることも重要です。
スーツを正しく着こなす上で、サイズ感はとても重要ですので自分に合ったものを選んで下さいね。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る