ページトップへ

汗染みを意識したスーツ選びのメリットとは

暑い時期になるとスーツのジャケットを持ち、ワイシャツで行動されている方が増えます。
その際に、ワイシャツに汗ジミができてしまうとカッコ悪く見えてしまい、不潔なイメージを持たれてしまいます。

ジャケットごと腕まくりをしてしまうと、シワになってしまいみすぼらしくなって見られてしまいます。
ピシッとスーツを着こなす際には、ジャケットを脱ぐようにしましょう。

そのためには、ワイシャツが肌にべったりとくっついていても、見た目で暑苦しく感じられてしまうことは避けなければいけません。
アンダーウェアをきちんと選ぶことで、スーツの表面に汗が浮かばせず、エチケットを守ることが出来ます。

更に、内側に一枚着ることで、寒暖の差が激しいところでも体温調節がしやすくなります。
グレーは汗が目立ちやすいのでなるべく避けて、ブラックかホワイトが人気とされています。

汗が乾きやすいタイプのものを着こむことも重ねておすすめです。
冷感タイプのものを着れば、そもそも汗の量を減らすことができるかもしれません。

そうすれば、サラサラな肌を保つことも可能になります。
汗をたくさんかいてもしっかり拭えるよう、タオルやハンカチを持ち歩くことも忘れないようにしたいですね。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る