ページトップへ

知らなきゃ恥!丈の常識

スーツのジャケットの袖丈の正しいフィッティングは、着てみて腕を自然に下におろしたときに、親指の先からジャケットの袖口までの長さがおよそ10センチといわれています。

スーツのジャケットの下に着るシャツとのバランスも重要になり、正しい袖丈の正しいフィッティングをすればカフが袖口からおよそ1.5センチほど見えるくらいのバランスになるはずです。

このように袖丈の正しいフィッティングをすれば、カフリンクスなどのアクセサリーを使用したときにもちらっと見えてオシャレになります。

あえて着丈が短めなコンパクトサイズのジャケットもありますが、一般的な着丈の正しいフィッティングは腕を下したとき、自分の指でジャケットの裾をちょうどつかめる位置がベストです。

そしてパンツの裾丈の正しいフィッティングは、パンツの種類によっても微妙に異なります。

たとえば裾幅が広めのパンツの場合には、パンツの裾が足の甲の部分に軽く乗るくらいの長さが理想的です。
こちらはワンタックやツータックのパンツとの相性が良いですし裾幅が標準的なら足の甲に触るくらいの長さが妥当ですよ。

ぜひ参考にしてくださいね。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る