ページトップへ

結婚式におけるスーツのマナーについて

社会人になると学生時代の友人や会社の先輩や同僚などの結婚式は何度かありますので、きちんとしたスーツを少なくとも1着は持っていないといざと言うときに焦ってしまいます。

スーツの選び方の基本は、あまり目立たないものにすることです。

結婚式において新郎より目立つ格好をしてはいけないということは社会人なら誰もがご存知のことだと思います。
たとえ子供のころからの長い付き合いの友人の結婚式だからと言って目立ったものはその他の出席者の好感は得られません。

古い付き合いだからこそ好印象を与えるスーツが重要なのです。
そのため、特に柄の強いスーツは避けるほうが無難です。
かといって普段使用しているビジネススタイルはNGです。
あくまでも結婚式ですので形式は必要なのです。

一般には、ブラック系のスーツまたはグレーや紺のダークスーツが基本です。
茶色はカジュアルな色を除けば問題はありません。
そして色や柄より重要なのが清潔感とフィット感です。

目立つところに汚れがあるようでは失礼にもあたりますので、使用後はきちんとクリーニングに出ししっかり保管しましょう。
また、自分の体が著しく変わったのなら無理に着用しないで新たにスーツを用意するのがマナーですよ。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る