ページトップへ

背の低い人がスーツを格好良く着こなすコツ

「人は見た目が9割」という言葉がありますが、ビジネスマンも見た目は成果を左右する重要なポイントになります。
元々の見た目にかかわらず高感度を上げるために、スーツの力を借りたいものです。
しかし、背が低くて着こなせないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

スーツのみならず、背が低い人が服を着る時には、他人の視線を上に向けることを意識しましょう。
例えば印象的なネクタイなどVゾーンを工夫して、他人の意識を上に引き付けます。
その分靴はシンプルにして、視線を落とさせないようにします(だからといって靴が汚れているのはビジネスマンとしてマナー違反ですよ)。

それからスーツやシャツはストライプ生地を選ぶのがいいでしょう。
他人の視線が縦の動きになります。
これは身体の横幅が気になる人にも有効なのです。

そして何より大事なのはスーツのサイズです。
日本人は小柄なため、自分を大きく見せようと大きいサイズのスーツを選びがちです。
しかし逆にそれがスーツに着られてる感が出てしまい、小ささを強調してしまうのです。

購入の際は必ずサイズを測ってもらい、オーダーやお直しを利用して、最大限身体にフィットした物を選びましょう。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る