ページトップへ

高いスーツと安いスーツは見分けがつく?

皆さんは高いスーツと安いスーツを見分けることができますか?

高いスーツと安いスーツは分かる場合もあれば、そうでない場合もあります。

一般的な見分け方は、肩のパットの部分は高いものは盛り上がりなく、体にフィットしている感じがありますが、安いものはこのパットが少しゆったりめにしてあります。

その理由は、高いものは大抵はオーダーメイドであることが多いのでその着る人の体型に合わせ物になっているからです。

既製品は着た人にそのサイズの範囲であれば合うように作ってあるので、それが高い安いの分岐点であると言えます。

しかし誰しもがオーダーメイドのスーツを着るわけではないので、自分に似合うもの、サイズを選ぶのが既製品でも着ている姿が様になれば、見た目見分けがつかないこともあります。

それと安くても高級感溢れてスーツが似合うようにするには、スーツの型崩れや消耗をさせないためにも、毎日のお手入れをかかさないことが大切です。

スーツも愛着をもって使えば着こなしが良くなり、その着用した姿が良いビジネスマンに見えるなら、たとえ安いスーツでもいいものを羽織っていると見られますよ。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る