ページトップへ

スーツに着られている状態を解消するためには

スーツを格好よく着こなすためには、
スーツに着られている状態を解消しなくてはなりません。

スーツに着られている感じになってしまえば
格好よくありませんので、スーツを選ぶ時には
ジャストサイズを選ぶようにすることです。

だからと言って、ただジャストサイズにするのではなくて、
袖の長さやパンツの長さをチェックするようにしておかなくてはなりません。

袖の長さは、シャツの袖が1センチ見えるくらいが理想的です。

パンツの裾はセンターの折り目が、
後ろがまっすぐ、前は歩いた時にシワになるくらいが
理想的な長さと言えます。

スーツを購入する時には、実際に着てみてから
選ぶようにしなくては、自分に合うサイズがわかりません。

スーツに着られている感じで
格好よく着こなせていなければ、
野暮ったく見えてしまう事にもなりますし、
仕事が出来ないように見られてしまうかもしれません。

悪い印象を与えないためにも、
スーツはしっかりと試着してから購入するようにしましょう。

出来る男のオーダーメイドスーツを東京でお求めなら、
k-51internationalにおまかせください。
http://www.k51-varyborn.com/

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る