ページトップへ

スーツの色が与える印象―紺編―

ビジネスマンにとってスーツとは、
自分の印象を決める大切な要素のひとつです。

 

取引先に頻繁に出向く機会のある営業職の方や、
社内でも多くの社員をまとめる役職にある方などは、
特に気をつかっていらっしゃることでしょう。

 

とはいえ、新調する際につい似たようなものを選んでしまい、
いつも同じ印象になってしまう …ということはありませんか。

 

自分では気がつきにくいですが、
どんな身だしなみで仕事をしているかについて
取引先の方や女性社員などは、実はよく見ているものです。

 

そこで、スーツを新調する際に、
たまには紺を選んでみてはいかがでしょうか。

 

黒よりは柔らかい印象になるので、相手に威圧感を与えすぎず、
かつ、グレーなどの薄めの色よりも
真面目な雰囲気を醸し出すことができます。

 

しかし海外では主流の色なので、
ビジネスシーンで着ていても不自然ではありません。

 

日本でもここ数年で紺スーツの需要は高まりました。

 

オシャレな着こなしが容認されている職種であれば、
ピンストライプの入ったものも素敵でしょう。

 

ビジネスの場だけでなく、
洋服を選ぶ際には自分に合った色を選ぶことが重要です。

 

「なんだかスーツ姿が様になってないないかも…」という方は、
紺色を試してみてはいかがでしょうか。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る