ページトップへ

ダンディに見える着こなしポイント

ダンディに見えるようにするためには、
余裕のある雰囲気を醸し出す必要があります。

 

そのため、スーツよりもジャケットを着るといいでしょう。

 

ジャケットの下のシャツは、
首元までボタンをとめると堅苦しくなりますから、
休日であれば胸元を少し開放的にすると
大人の男を演出することができます。

 

奇抜な色を使ってくだけた服装にするよりも、
びしっと決めたジャケットに
少しのぞいた胸元にさりげなくアクセサリーをしましょう。

 

遊び心が垣間見えるスタイルのほうが、
余裕のある大人らしくダンディにきめることができます。

 

白色のシャツに
ナチュラルカラーのジーンズや綿パンツを合わせた上に、
落ちついた色のジャケットで締めるといいでしょう。

 

ジャケットの色はネイビーやブラウン、グレーなどにして、
素材は秋や冬はベロアやウール素材のものにすれば
よりおしゃれに見えます。

 

おしゃれは洋服だけでなく靴も重要です。

 

革靴はもちろん、スニーカーなども汚れを落として
常にきれいにしておきましょう。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る