ページトップへ

ビジネススーツで避けたいこと

大切な取引や会議など、仕事をする上での勝負服といえるビジネススーツ。

印象を悪くしないためにも、避けるべきことを確認しておきましょう。

当然のことながら、濃い色のシャツはモード感が強くなってしまい悪印象です。

派手なものはビジネス界において好まれませんので、シャツに関しては無地の白か薄い水色を選んでください。

また就活中や冠婚葬祭では黒いスーツは活躍しますが、ビジネススーツはネイビーやグレーが基本なので、黒は避けるようにしましょう。

タキシードが代表であるように、黒は着飾り過ぎで派手すぎると認識されてしまうからです。

特に海外ではそういった傾向が強いので、海外でのビジネスシーンにおいては特に注意してください。

そしてジャケットに関しては着丈に注意しましょう。

着丈が短いジャケットもモード感が強く、ビジネスシーンにおいては不向きなので、お尻がギリギリ隠れる長さのものを選ぶと安心です。

カジュアル感やモード感はできるだけビジネスには持ち込まないようにして、清潔感のあるかっちりとしたものを選び、周囲に好印象を与えられるようにしましょう。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る