ページトップへ

ポケットをあまり使うべきでない理由

寒いからといって手袋代わりに手をつっこむことは、
ポケットが必要以上に広がってしまう場合があります。
また、取り出しやすいからといって
財布や携帯電話などの常に重いものを入れてしまうと、
中に入れているものの重みが
ポケットの型崩れの原因になってしまう可能性があります。

 

手や中に入れているものなどの重みによって
ポケットが型崩れしてしまうと、
いつのまにかきちんと閉まらない状態になってしまったりします。

 

こういった劣化は、洋服の寿命に影響してしまう恐れもあります。

 

そのため、ポケットの型崩れを防ぐためには
手をつっこんだりあまり重いものを入れないようにすることが
効果的だと言えます。

 

また、普段から
ポケットに財布や携帯電話などの重いものを入れていたとしても、
脱いでハンガーにかける時などは中に入れていたものを全部取り出して、
ポケットの中にものが入ったままにしないようにすることなどが
大切です。

 

洋服によっては、
ポケットはデザインの一つとして認識しておくことも必要です。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る