ページトップへ

上下違うスーツを着る際に気を付けたいこと 

上下で違うスーツを着るとなった場合、直接お客様に接しない業者であったりすれば問題ないかもしれません。
しかし一般的には不自然な印象を与えることになってしまうため、なるべくセットがよいでしょう。

毎日洗い替えとして着まわしたいなどの場合には、どうしても上下で違うスーツを着用することになってしまうこともあるかもしれません。

しかし、その場合にいちばん気を付けたいことは、素材感、柄を合わせることでしょう。

スーツといってもストライプが入っているものもあり、上下でストライプが入っている物と入っていない物を着用していると、バランスがおかしくなってしまいます。

また素材感も同じです。
冬用のウールの生地と、夏用のウールの生地とでは素材感が違うので、これらを合わせるのも不自然な印象を与える原因となってしまいます。

またオシャレな方なら、上下で違うスーツを合わせていらっしゃる方もいますが、その場合にはスーツというよりもジャケットとパンツとをうまく組み合わせているだけであることが多いですね。

出来る限りセットで着るようにし、どうしても上下で別のものを着る場合は、上記のことに気を付けてくださいね。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る