ページトップへ

就活でパンツスーツを着用する際の注意点

女子学生の就活ではスカートの方が良い印象を与えるとの意見もあります。

しかし実際にはそんな事実はなく、綺麗にパンツスーツを着こなしている女性はキャリアウーマンのように「出来る女性」の印象を与え、むしろ好印象を与えることもあります。
最終的には本人に似合っているのが一番なので、日頃スカートを履きなれないならばパンツスーツを選ぶことに問題はありません。

職種によっては敢えてパンツスーツで面接に臨むのも良いでしょう。

動きやすく、機能性に優れているパンツスーツは、外出の機会が多い営業職やマスコミ関係、渉外担当などの職種に欠かせないものです。
似合っていれば活動的な雰囲気をよく表わしてくれるので、人物評価にプラスに働く可能性もあります。

ただパンツスーツはサイズ感を合わせるのが難しいので、選ぶ際には注意が必要です。

細すぎても太すぎてもNGで、座った時にきつくならない位が丁度良いサイズです。
かがんだ時にウエストから下着が見えないかも確認ポイントです。

長さは立った時にヒールが少し見えるくらいがベストです。

最初の1着はリクルートスーツを多く取り扱っているお店で購入し、店員さんにアドバイスを受けると安心です。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る