ページトップへ

就活スーツを着こなすうえでの注意点〜女性編〜

人は見た目で9割の印象が決まってしまうとも言われます。

面接によって多くを判断される就活において、見た目はまさに最も大事なポイントですよね。

しかしここでいう見た目とは美醜のことではありません。
身だしなみがきちんとしているか、誠実さや溌剌とした印象を与えるかが大切です。

そのためには就活スーツを上手く着こなす必要があります。

肩幅はぴったりフィットするものが良く、腕を回して動かしやすいか確認してみましょう。

袖丈は手の付け根くらいまでの長さがベストで、ブラウスが袖から見えないようにすると良いでしょう。

スカートの丈は、膝が隠れるくらいの長さが望ましく、椅子に座った時にスカート丈が膝上10cm以内になるか鏡でチェックすると安心です。

また本来ジャケットのボタンは一番下を外しておくのが正解です。

しかし就活の際はジャケットのボタンはすべてとめる方が良いとされているので、とめた状態でシワがよらないか、逆に大き過ぎないか、サイズをよく確認しましょう。
座った状態もチェックした方が良いかもしれません。

横に広がり、シワがよっていないか様々な角度から確認してみましょう。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る