ページトップへ

暑苦しく見えない「スーツ姿」になる方法

スーツというものは、ビジネスマンなどにとって必要不可欠なものです。暑い夏でも、お客様に会ったりする場合には着なければいけないので、出来るだけ暑苦しく見えないように着こなすことを重要視したいですね。

まずは、アンダーウェアが見えていないことが大切です。
暑いのでジャケットを脱ぐことも多い夏には、中に着ているものが透けてしまっている場合も多く、これは好印象を与えません。

また、首元がきっちりと閉まっていると余計に暑く感じてしまいます。
もちろん礼装の時は別ですが、近年はクールビズという風潮もあります。
「普段はノーネクタイ」というのも許されているものとなっています。

そして、スーツ姿で一番大切なポイントですが、プレスされるべき場所がプレスされていることも重要になってきます。
汗をかいた後に座ることも当然あるので、しわになってしまうところが出来るのは仕方ありません。
しかし、ズボンのプレスやワイシャツの胸のあたりなどはピシッとアイロンをかけておくと、好印象を与えることができます。

暑い中でも暑苦しく見えず、むしろかっこよく見えるスーツスタイルを目指したいですね。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る