ページトップへ

相手の印象をガラっと変えるスーツの色選び

あなたは新しくスーツを購入する時、すでに持っているものと同じような色味のものばかり選んでいませんか?
クローゼットを開けると黒とグレーの濃淡しかないなんていう日本人男性は案外多いのではないでしょうか。

そんなあなたに新しい色の魅力をお伝えしたいと思います。

まず、ブルー・ネイビー系のスーツ。

これらは見る人に知性的で品があり、信頼感のある印象を与えます。
国会中継を見てみると議員さんたちにはこの手の色味がとても好まれていることが見てとれるでしょう。
政治家たちは色にもこだわって、国民の信用を得ようとしているのです。

次はベージュ系のスーツです。

ベージュという色は相手に優しさ、明るさといった印象を与えます。
もしあなたが20〜30代ならば明るめのベージュを選んでみてください。

 
着て鏡をみると、そこにはいつもよりも明るい表情ではつらつとしたあなたがいることでしょう。
明るい色には顔色をよく見せる効果があるのです。
若さを存分に味方につけませんか?

 
あなたが50〜60代ならば濃い目のベージュが良いでしょう。
落ち着いた、年齢を重ねたものだけが醸しだせる余裕がそこには漂います。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る