ページトップへ

カミソリで肌を傷つけないためには

ビジネスの場では髭を剃るのがマナーになっていることが多いですよね。

男性であれば髭を剃って、血が出てしまったり、ヒリヒリした
というような経験がある方は少なくないでしょう。

そこで今回はカミソリで肌を傷つけない方法をご紹介します。

まず、髭を剃る時は必ず髭を濡らしましょう。

水分が含まれていない髭は、
かなりかたい状態で
滑らかに剃ることが困難になってしまうのです。

髭が水分を含んで柔らかくなったら
シェービング剤を塗りましょう。

シェービング剤を塗ることで髭の根元が柔らかくなり、
刃の滑りが滑らかになるのです。

下準備が終わったらいよいよ髭剃りです。

髭を剃る際は、
剃りやすい部分を先に剃り、
髭がかたい部分は最後に剃るようにします。

そして、毛の流れに沿って剃るということも重要です。

逆剃りの方が剃りやすいからといって
案外逆剃りをしている方は多いのではないでしょうか。

この逆剃りも肌を傷つけてしまう原因となってしまいますので、
避けるようにしましょう。

髭を剃った後は化粧水などをつけて
保湿を十分に行うことも大切ですよ。

正しい髭剃りで
きれいなお肌にしたいという方は、
上記のことを試してみてくださいね。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る