ページトップへ

シャツを綺麗に畳む方法

シャツは綺麗に畳まないと、すぐに皺がついてしまいます。
せっかく洗濯して綺麗になっても、皺がついていれば見栄えが悪くなってしまいます。

シャツはハンガーにかけるのが望ましいですが、スペースの問題でたたまなければならないこともあるでしょう。
出来るだけ美しい畳み方をして保管しておくと、そのまま期待ときに美しい形で着こなすことができます。

畳む前にシャツは余分な湿気を取り覗きますが、アイロンをかけた直後にたたまないことが重要です。
アイロンの熱がシャツに残ったまま畳んでしまえば、畳んだ部分の皺がくっきりと残ってしまうことになるので、アイロンをしてから少し時間を置いて畳みましょう。

シャツの綺麗なたたみ方は、決まったものはありませんが、シャツの真ん中あたりを折り畳んで仕上がりサイズを決めます。
仕上がりサイズにそって、腕部分を内側に折りたたむと長方形に綺麗に畳むことができ、最後に裾部分を襟に合わせて畳みます。
折り皺が目立つと美しくありませんから、上から強く圧力をかける必要がありません。

複数枚あるシャツを同じサイズに折りたたむことによって、収納しやすくなります。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る