ページトップへ

スーツが似合う!男らしい肩を作る筋トレ方法

筋トレをしているのにスーツが似合わない、と悩んでいる男性もいらっしゃるのではないでしょうか。

筋トレをしていてもスーツが似合わない原因は、肩が鍛えられていないことが考えられます。

肩幅が大きければ、上半身は自然と逆三角形になり顔も小さく見えます。
胸板が鍛えられていても、肩がしっかり鍛えられていなければアンバランスなボディラインとなってしまうのです。

ボディラインを整えるためには、肩を鍛えることが大切です。
インナーマッスルを鍛える、アームサークルなどを入念に行っていくことにより筋肉を解していき、バースプッシュアップなどで二の腕や三頭筋を鍛えていきます。

これらは、ジムの器具を使って行うことができるようになります。

もっと手軽に肩を作りたいと言う場合には、自宅で簡単にイスでできる肩筋トレーニングがおすすめです。
方法としては、椅子に座って行うダンベルショルダープレスは立って行うよりも反動が無いため効果的に肩を鍛えることができるようになります。
適度に深く腰掛け、体を背もたれで支えながらダンベルを上下に上げ下げしたり、左右に開いたり閉じたりする運動や前後に動かす運動などが効果的です。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る