ページトップへ

スーツとハットの組み合わせ2

紳士がスーツスタイルで着用する帽子は「ハット」がスタンダードですが、スーツにハットのスタイルは日本人にとってはあまりなじみがないかもしれません。
ただし、ハットを上手に活用することでスーツを着用したときの印象は大きく変わると思います。
ハットの種類としては「中折れハット」や「ダービーハット」、「ハンチングハット」が間違いないと思います。

中折れハットとは頭頂部にくぼみがあり立体感のあるハットです。
またハンチングハットは日本でもハンチング帽の名前で知られているハットで、カジュアルな印象を与えると同時に小綺麗でおしゃれなイメージのあるハットになります。

ハットを上手に活用しているスーツスタイルの日本人は少数派かもしれませんが、これまでのスーツに少しアクセントを加えたいときにはハットはとても便利なアイテムです。

ハットを利用した着こなしに自信のない方は、センスのよさそうな店員さんに思い切って聞いてみるの一つの手だと思います。

ちなみに食事や建物に入る際には、ハットを取ることがマナーとなりますので気をつけてください。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る