ページトップへ

スーツのポケットのしつけ糸を切らない方が良い理由とは

洋服を購入した時には、仕付け糸が付いている場合が多いものです。

この仕付け糸は、スカートの後ろの部分などに付いていることが多いですので、着用する時には切るのが一般的とされています。
仕付け糸を切るのは当たり前という風に考えられていますが、スーツに関しては例外もあるのです。

具体的な例を挙げると、スーツについているポケットの部分のしつけ糸は切らない方が良いと言えるでしょう。

なぜスーツのポケットの仕付け糸は切らない方がいいのかというと、ポケットの仕付け糸がないと、物を入れたくなるからです。

物を入れるためのポケットではありますが、なぜ入れたらいけないのかというと、モノをたくさん入れると、スーツが型崩れして、スーツの寿命を縮めてしまう事になるからです。

型が崩れてしまったスーツはだらしない感じになってしまいますので、見た目が良くありません。

スーツを着る時には、しっかりと型の付いたものを着たほうが印象がいいですので、出来るだけ型崩れがしないようにしなくてはならないのです。

ポケットを使える状態にしているとついつい物を入れてしまう事になりますので、仕付け糸をあえて切らず、物を入れないようにした方がいいでしょう。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る