ページトップへ

スーツの保管方法間違っていませんか?

スーツはどのように保管していますか?
お気に入りのスーツであればあるほど、帰ったらすぐに、買った時についてくるほこりよけのカバーをかけて大切に保管していませんか?
実は、買った時についてくるほこりよけのカバーはスーツの寿命を縮めてしまうのです。

ほこりよけカバーは不織布やビニール素材なので、ほこりはつきませんが、汗やにおいを閉じ込めてしまいます。
一度着たスーツは表地だけでなく、芯地まで汗を吸っているので、そのままカバーに入れると、汗シミやカビの原因となってしまいます。

そこで今回はスーツの保管方法についてご紹介します。

一度来たスーツは陰干しをして、湿気を飛ばし、乾いてからほこりを払って、収納することが大切です。
においや、軽いしわも取れるので、次にスーツを着る時も気持ちよく着る事ができます。

また、クリーニングに出した後についてくるビニール袋も同様に、
その袋に入れっぱなしにしてはいけません。
一度来たスーツであれば、ビニールは外して保管しましょう。

少しの手間でお気に入りのスーツをきれいに、長く着る事が出来ます。
是非参考にしてみてください。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る