ページトップへ

スーツの着こなしテクニックとは

スーツというものは、上品さと威厳を兼ね備えていて、
仕事などで着る方にとっては戦闘服とも言えます。

しかし、着こなし1つですべてが台無しになってしまいます。
せっかくだったら、格好良く着たいものですよね。
そこで今回はスーツの着こなしテクニックについてご紹介します。

まず、ジャケットは必ず肩のラインに合わせます。
大きすぎるとダボダボに見え、小さすぎると窮屈になります。
このジャケット選びを失敗すると、すべてのバランスが崩れてしまうので
努力を惜しまないことが大事です。

また、シャツ袖はジャケットの袖口から1〜1.5cmほど出すのがよいです。
腕時計が邪魔にならないくらいの位置に合わせるとよいでしょう。
腕の上げ下げの際、袖が落ちなくて便利になります。

そしてネクタイの長さは、先端がベルトのバックルに少しかぶるくらいがよいです。
短すぎるとラフな印象をもたれ、バックルより下だとだらしなく見えます。

さらに、ビジネスパンツの最適な裾幅は、20cm〜22cmぐらいを目安にします。
革靴にワンクッションするぐらいで大丈夫です。
最近ではタイトなものも流行っていますが、やはり、20cmほどある裾幅のほうがビジネスパンツとしてふさわしいといえます。

これらのテクニックを実践すれば、スーツ姿が美しく見えることでしょう。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る