ページトップへ

スーツの組み合わせルールとは

スーツ、シャツ、ネクタイの3点をどのように組み合わせるのか、ルールを押さえておけばコーディネートに悩むことも少なくなります。

スーツとシャツ、ネクタイの組み合わせは、無地2つと柄1つが基本で、まとまりやすくなると覚えておきましょう。

柄ものというのはやはり一般に主張が強いものですので、やはり柄と柄だとあわせづらいものなのです。
もし柄をあわせたいという場合であれば、ストライプを選べばよいでしょう。
ストライプは無地ほどではありませんが比較的主張の少ない柄ですので、ストライプとストライプなら、柄が2つ入ってもそれほどうるさくならないものです。

ただ、その場合もストライプの縞柄があまりにはっきりした色調のものを2つ使うのはやはり避け、同系色のストライプなど落ち着いた感じのものにした方がよいでしょう。

スーツスタイルのコーディネートはなんといっても「統一感」が大事だからです。

統一感ということで言えば、ベルトと靴は同じ色のもので統一するというのも基本ルールです。
この2点の色が異なっていると、トータルの印象が引き締まらない、落ち着きのない感じになってしまいます。

上手に組み合わせて、まとまりのあるスーツスタイルにしましょう。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る