ページトップへ

ベルトを自分できろう!

ベルトは、締めることができれば良いという訳ではありません。

ベルトでは、空けられているいくつかの穴のうち、真ん中の穴を使う事が最も見栄えが良いとされています。
一つ目や二つ目の穴を使って短いベルトの先が飛び出ているのはみっともないものです。
逆に一番奥の穴を使用して余った部分が側面まで来ているのも、サイズの合ってないベルトをしていると言う印象を与えます。
真ん中の穴を使用できるように自分のサイズに合わせてベルトを切ると良いのです。

まずバックルの外し方ですが、マイナスドライバーをバックルの隙間に差し入れて金具を押し上げます。
押し上げた状態で、ベルト本体とバックルを分けて取り外します。

ベルトを切る長さの目安ですが、腰に巻いてみて真ん中の穴がちょうど正面にくる位置で決めます。
できれば調整しながら、少しずつ切るのが良いでしょう。
一気に大目に切ってしまうと短くなりすぎて取り返しがつきません。
切り口が斜めになってしまうとバックルが真っすぐ取り付けられなくなりますから、定規などであらかじめ真っすぐな線を引いておいてハサミで切ります。

バックルの取り付け方は外し方の逆で、バックルにベルトを差し込んで金具を締めるだけです。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る