ページトップへ

ワックスの正しい使い方

男性であればワックスをつける方が多いですよね。

ワックス一つで短い髪でもおしゃれに変身するので、
必要不可欠な物となっている方も少なくないでしょう。

しかしながら、案外使い方を間違っている方もいらっしゃるものなのです。

そこで今回はワックスの正しい使い方をご紹介します。

まずは、なりたいスタイルの土台をつくることが大切です。

髪の毛を濡らし癖をとりましょう。

半乾きの状態が最もワックスがなじみやすいので、
霧吹きなどで濡らしても良いですよ。

そして、ワックスの量ですが、
キープ力をアップさせたいからと言ってたくさん使用していませんか?

実は、ワックスの量は少ないほどキープ力がアップできます。

髪の長さや量にもよりますが
10円玉くらいの量を使用するようにしましょう。

そして手のひら全体に薄く伸ばしましょう。

ワックスを髪につける時は、
整えたい部分だけではなくて髪全体になじませることが重要です。

手のひらで揉むように付けるのがコツですよ。

一番最初は後頭部からワックスをつけるようにしましょう。

一番最初につけた部分に多くワックスがつきやすいので、
髪の毛の量の多い後頭部が適しているのです。

そして、トップ、サイドと順番につけて
ご自身の理想のスタイルに整えると良いですよ。

仕上げにスプレーをするとさらにキープ力がアップするのでおすすめです。

ワックスを使いこなして
髪の毛をおしゃれに楽しみたいですね。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る