ページトップへ

付き合いの飲み会で二日酔いにならないためには

仕事を終わらせて家に帰ろうと、帰り支度をしている時に、上司から「ちょっと、今日いっぱいどうだ?」
等、誘われたらとっさに上手く断ることは難しいものです。

同じ会社で働いている以上、付き合いであっても飲み会に参加することはある意味、自身の仕事を円滑にするため、コミュニケーションをとる上でも必要な事といえます。

飲み会で自分はお酒を飲まないつもりでいても、上司にお酒を勧められると断れない雰囲気というものがあります。

予期していなかった付き合いの飲み会で、次の日に二日酔いにないためには、事前の防止が大切です。

今は、コンビニ等でも二日酔いを防止するドリンク等売っています。

飲み会に行く前に、少し寄り道をして、そのようなドリンクを、飲んでおくのも二日酔いの予防になります。

お酒を飲む時、空腹の状態で飲むと、体へのお酒の吸収が早くなってしまい酔いやすくなります。

すきっ腹にお酒を入れることの無いよう、乾杯後は一口だけにし、まずは食事をすることをメインに心がけましょう。

お酒の量を減らせば、次の日まで続く二日酔いにはなりにくいです。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る