ページトップへ

時計を選ぶときの基準とは

顔の形によって、似合う時計とそうでない時計とがあることをご存知でしょうか。
顔から腕の先までは少し遠いので関係ないことだと思いがちです。
しかし、どちらも体の末端であるため人の目がいきやすく、ほぼ同時に認識される言われています。

例えば、丸顔の人にはラウンドタイプという丸い盤面が似合います。
時計の形が四角など角のあるものだと、顔の丸さを強調してしまうからです。

腕時計を丸い形にすれば、同じ丸でも時計の方が綺麗な丸型である場合がほとんどなので、顔の丸さを控えめに見せることができる可能性があります。
丸顔を気にされているかたにはとてもおすすめな時計選びです。

また、逆三角形や卵形の顔の人は、フレアードタイプという樽型の盤面が似合うと言われています。
これも丸顔の方と同じ理由です。

適度に丸みを帯びた樽型を手にはめることで、その形に引っ張られるような形で顔の形を認識するのです。
ぜひ参考にしてみてください。

ついつい時計選びといえばデザインに目がいきがちですが、これを機に自分の顔の形に合わせた時計選びをしてみてはいかがでしょうか。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る