ページトップへ

礼服と黒スーツの違いとは?

礼服とスーツの違いが分かりますか?
社会人なら即答出来て当たり前!と思うかもしれませんが、知らない方も意外と多いみたいなんです。

だからと言って、知らないいままだと恥をかいてしまう可能性もあります。

そこで、簡単に「礼服とスーツの違い」を説明したいと思います。

まず知ってもらいたいのが、礼服には「燕尾服」、「モーニングコート」、「タキシード」、「ブラックスーツ」の4種類があるということです。
さらに、「正礼服・準礼服・略礼服」に分けられます。
ここでは、着る機会が一番多いであろう「ブラックスーツ(略礼服)と一般的な黒スーツ」について説明したいと思います。

一番の違いは『色と生地』です。

一見して判らないかもしれませんが、ブラックスーツは深い黒色、黒スーツは薄い黒色で、黒の深さが違うのです。

これには理由があり、「上質な素材を使っているブラックスーツと、低質な素材を使っている黒スーツ」というように、生地の違いで色も違って見えます。

また、ブラックスーツの中には光沢があるものもあります。
こちらは、結婚式にはバッチリ合っているのですが、お葬式には失礼にあったてしまうので注意が必要ですよ。

状況に合わせて着用するようにしましょう。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る