ページトップへ

私服にネクタイを取り入れるメリットについて

「ネクタイはビジネススーツを着たときだけのもの」
などと考えている人は多いのではないでしょうか。

 

しかし、実際そんなことはありません。

 

私服のときも、ネクタイを取り入れることで、
インテリ感のあるおしゃれに見せることもできるのです。

 

私服にネクタイを取り入れるときのコツは、
ビジネススーツの時よりも若干ゆるめに締めるということです。

 

いつもよりはゆるめに締めることで、
相手にラフな印象を与えることができます。

 

なお、ネクタイを選ぶポイントとしては値段にとらわれないことです。

 

ネクタイの値段はピンキリですが
「高いものほど、相手によい印象を与える」と考える人もいます。

 

しかし、一概にそうとは言えません。

 

たしかに高いものはしわがつきにくく、
形も長持ちする素材を使用しています。

 

ただ、
デザインや柄と服装を合わすことも重要だからです。

 

ネクタイは、身につけている服装が、
ビジネススーツであっても私服であっても、
個性をアピールするポイントになります。

 

あまり安っぽいのは考えものですが、
ある程度の材質のものであれば、
「服装にデザインや柄があっているか」
という観点で選ぶことをオススメします。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る