ページトップへ

良い男を演出する、さりげなく香水を付けるポイント

香水をさりげなく付けるポイントをおさえておくだけで、嗅覚の面から良い男を演出することが可能です。
なにごともやりすぎはいけません。

とくに香水に関しては、付けすぎるくらいならいっそ付けないほうがいいと言われるほどです。
香水のつけすぎは、かえって不潔な印象を与えかねません。

そこでスマートに香りを演出する、香水のつけ方をお教えします。

まずは靴下のかかとに付けるという方法です。
顔から遠い位置なので、鼻に届くまでに空気とまざり、ほのかに香らせることができます。

また、かかとに付けることによって全身がほんのりと香るのもポイントです。
体の上のほうに付けてしまうと、一点集中的に匂いの強いところと弱いところのムラができてしまいます。

またお洒落な良い男をしっかり演出したければ、カバンの中や名刺ケース、ハンカチなどの小物に気をつけることも大切です。
体から匂ってくるのとは違って、体温で変に暖められることもなく、自然な匂いを届けてくれることでしょう。
上手に香水を使って、良い男を演出する方法をぜひ参考にしてみてください。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る