ページトップへ

蝶ネクタイの種類をご存じですか?

フォーマルな席や夜のパーティーなどで、タキシードを着る機会があります。
ダークスーツにも蝶ネクタイを合わせることができますが、蝶ネクタイにもいろいろなタイプがあります。

大きく分けるとツウタイとピアネスタイがあるのですが、ピアネスタイは結んで形作られたタイを、首に回した紐で留めるタイプです。
日本で販売されているタイプは圧倒的にピアネスタイが多いのですが、1本の帯状の紐を自分で結ぶツウタイのほうがフォーマル向きといえます。
蝶ネクタイの結び方はなかなか親しみがない場合が多いですが、覚えてしまえばツウタイの方がしっかりと留まります。

蝶ネクタイのことはボウタイや、単にボウと呼びますが、結んだ時に蝶の形になるものをバタフライタイと呼び、フォーマル用のタイになります。
先端が三角に尖ったものはパーティー用で、ポインテッドエンドボウタイと呼ばれます。
また、幅広でなく一直線の結び目を作るものはクラブボウタイと言います。

白の蝶タイは燕尾服と合わせるもので、俗にホワイトタイと呼ばれます。
タキシードはブラックタイと呼ばれますので、フォーマルの場に出席する場合にはカラーにも注意が必要です。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る