ページトップへ

アイロンをかけたあとは?

スーツに上手にアイロンをかけることが出来たのであれば、そこで満足をしていてはいけません。

いくら上手にアイロンをかけることが出来たのだとしても、その後の保管の仕方が悪ければ、またしわが入ってしまう事になるからです。

アイロンをかけた後には、スーツに湿気や熱が残っている状態になりますので、またしわが入りやすくなっています。

また新たなしわを入れないようにする為にも、スーツを早めにハンガーにかけるようにしておかなくてはなりません。

ハンガーにかけた際にも、ボタンをいくつかとめておくようにしましょう。

ボタンをとめない場合には、スーツの型が崩れやすくなってしまいます。

しわが伸びていたとしても、スーツの型が崩れてしまえば見た目が悪くなるでしょう。

スーツは度々買い替えることが出来る物でもありませんので、大切に使うようにしなくてはなりません。

スーツの見た目で他の人からの第一印象も変わってくるようになりますし、仕事をしていく上でもスーツの美しさは重要になりますので、しわの入ることなく型が崩れていないスーツを着るようにしましょう。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る