ページトップへ

スーツのお手入れ方法

スーツのお手入れ方法をご存知でしょうか。

スーツのお手入れでは、ブラッシングが最重要になります。

スーツを着用後に毎回、最低でも3回に1回はブラシを使用するようにしましょう。

スーツにブラッシングをすることで、スーツのテカりや毛玉を防ぐ効果があります。

最近は簡単にホコリを取り除くことができるエチケットブラシなどもありますが、それはあくまで携帯用に使って、着用後に毎回、最低でも3回に1回はブラシを使用してスーツのテカりや毛玉を防ぐようにしましょう。

そうすることで、スーツを長もちさせることができます。

また、スーツは何日も連続して着用するのはやめましょう。

1日スーツを着用したら、風通しの良い場所で最低1日はスーツを休ませてあげましょう。

また、スーツをかけておく際に使用するハンガーは肩幅に合ったものを使用するようにしましょう。

省スペースの細身のハンガーがとても人気がありますが、スーツをかけておくのには適さないハンガーです。

肩幅に合わせて、肩パッドより少し細めの方のラインを崩さないハンガーを選ぶようにしましょう。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る