ページトップへ

スーツの保管方法

いくら高くてかっこいいスーツを買っても、
しわくちゃだったら意味がありませんよね。

しわくちゃにしないためには
保管が最も大切になります。

そこで今回は正しいスーツの保管方法についてご紹介します。

まず、保管する前にブラッシングすることが大切です。

スーツの素材はウールが使用されていることが多いので、
ほこりや汚れがついたまま放置すると
生地の回復力が遅れてしまうのです。

上から下へなでるようにするのがポイントですよ。

ほこりがつきやすい肩は重点的にブラッシングするようにしましょう。

ジャケットは厚みのあるハンガーにかけます。

この際に木製のハンガーを使用することをおすすめします。

吸湿性があるのでスーツの劣化を予防できるのです。

パンツはパンツハンガーを使用して
裾を挟んで吊り下げるようにしましょう。

次に、風通しの良い場所で一日ほど陰干しを行います。

陰干しをすることで、水分が飛んで、
カビや虫の発生を防ぐことが可能なのです。

以上のことが済んだら保管してOKです。

正しい保管方法はスーツをきれいな状態で着れることだけでなく、
長持ちさせることにもつながります。

お気に入りのスーツをいつまでも着用できるように、
上記のことを参考にしてみてくださいね。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る