ページトップへ

スーツの寿命ってどのくらい?

スーツの寿命は、素材や使い具合によって変わりますが約3〜4年がめどになっています。
スーツの流行りもあるので、このぐらいの期間で買い替えるのが望ましいでしょう。

スーツをより長く着るには、毎日のお手入れが鍵です。

スーツはたぼこの匂いがつくことで変色したり、生地が消耗し、また湿気などで蒸れてしまって生地にいい影響を与えないこともあります。

ですので、スーツをどこに保管するかも問題で、湿気の多いクローゼットでは湿気とり剤を入れるなどして対策するようにしましょう。

あとは虫よけの防虫剤も欠かせません。

穴のあいたスーツはビジネスマンとして品位を落としますので、この穴あきのスーツなどを知らずに着ていると公式の場で大変恥ずかしい思いをすることになります。

また、スーツそのものも処分しないとだめになるので、思った以上にスーツをもたせることができなくなります。

そしてまめに生地にブラシをしておくことも、汚れを残さずに長く大切に使うための方法ですよ。

あまりクリーニングも綺麗になるからといって、出し過ぎるのも耐久という意味でよくありません。

ですので何着かうまく着まわして、クリーニングの回数も考えて管理したほうがいいです。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る