ページトップへ

スーツを長持ちさせるための陰干し

スーツの寿命は陰干しをすることで、かなり伸びると言われています。

そこで、スーツを長持ちさせるために効果的な陰干しの方法をいくつかご紹介したいと思います。

まず初めに、スーツを着用後は、一晩程度陰干しします。

風通しのよい場所で陰干しすることでスーツの中にこもった水分が飛び、カビや虫の発生を防ぐことができます。

雨に降られてしまった時もスーツの水滴を拭き取り、陰干しをするとよいでしょう。

ハンガーにかける際には、ハンガーにタオルを巻いておくとより効果的です。

定期的にスーツをクリーニングに出している人も多いかと思いますが、クリーニングはシーズンに1度の頻度で十分です。

頻繁にクリーニングに出すと、スーツの原料となっているウールの油分が落ちてしまい、汚れやすくなってしまうのです。

また、洗濯を繰り返すことでくたびれて見えてしまいます。

そして、クリーニング後のスーツは、ビニール袋を取って必ず陰干しをします。

クリーニング後は、クリーニングの溶剤が残っている可能性があるからです。

お気に入りのスーツは大切に扱い、着用し続けたいですよね。

虫やカビの発生を防ぎながら、長持ちさせましょう。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る