ページトップへ

出張先でアイロンがない時の対処法

出張には、新幹線や飛行機などを使った長時間の移動がつきものです。

長時間同じ姿勢で座っていることが、自動的に多くなります。

 

せっかくプレスしたスーツにも、
移動中の姿勢によってシワがついてしまうことはよくあります。

 

また、スーツやブラウスがスーツケースの中で押されてしまって
シワがついてしまうこともあります。

 

シワのついたスーツで取引先に行くわけにはいきません。

普通、アイロンのような重たいものを持ち歩くことはありません。

出張先にもアイロンがない場合、どう対処したら良いでしょうか。

そのような時は、昔ながらの「寝押し」という方法がおすすめです。

スーツなどを布団の下に敷いておくことで、シワを取り除きます。

眠っている間に、自分の体重がプレスと同等な効果をもたらすのです。

 

スーツなどを布団の下に敷くときには、
くれぐれも折り目が付かないように気をつけましょう。

 

服の折り目にそった形で整えて布団の下に敷かないと、
反対に変な折り目がついたり、余計なシワが増えたりするからです。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る