ページトップへ

出張時のスーツ

出張が決まると荷造りをしますが、宿泊を伴う数日間から長期の場合、替えのスーツを最小限持っていく必要があります。

そんな時に重要なのがスーツの収納の仕方です。

せっかく替えのスーツを持って行ってもきちんと収納していかないと、シワになってしまいだらしない印象になってしまいます。

そうならないためには、スーツを入れる際の荷造りに気をつけなくてはいけません。

まず最初に、たたんだスーツを入れる場所を確保することが必要です。

確保するスペースが狭ければ、シワになったり変なたたみ癖がついてしまいます。

また、ジャケットをたたむ際にもシワにならないよう注意が必要です。

どのようにたためばシワになりにくいかというと、スーツに巻きつける服やタオルを用意するだけでシワを防げます。

ジャケットの場合は裏返して襟など折り畳まれてある場所は伸ばし、片腕にもう片腕を入れるよう半分にし、脇に沿って折り返しクルクル巻くとシワにならずにコンパクトにまとまります。

そしてパンツは、服やタオルでクッションを作ってから軽く折り曲げるようにたたむとシワを防げます。

このようにたたみ方に気をつければ、シワなく綺麗なまま持っていくことができます。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る