ページトップへ

据え置きタイプの除湿剤のメリット・デメリット

据え置きタイプの除湿剤のメリットは、1つで除湿できる総量が多いということです。

ハンガータイプが2シートで500gの除湿量であるのに対し、据え置きタイプは1個で400g~550gの除湿量があります。

たくさんの除湿を必要とする場合は、据え置きタイプの方が優れています。

そのため、除湿量に対するコストは据え置き型の方がハンガータイプよりも安くなっています。

二つ目のメリットは、床面に置くため邪魔になりにくいということです。

ハンガータイプでは、クローゼットにしまう洋服の邪魔になってしまい、かけられる服が限られてしまいます。

その点、床に置くことができる据え置きタイプであれば、設置する場所を選びません。

ただ、デメリットとして除湿スピードが少しゆっくりであることが挙げられます。

そのため、密閉されていないクローゼットでは効果を発揮しにくいです。

また、除湿剤に使用される塩化カルシウムは革を溶かしてしまいます。

溶液がカバンに付着してしまうとカバンをダメにしてしまうので、クローゼットの床面にカバンを置きたい場合は注意が必要です。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る