ページトップへ

長期着用しなくて保管する場合

K-51の長期期間スーツを保管するときのポイント

スーツ豆知識

~始めに~

保管時はちょっとしたひと手間が大事で、それでスーツを長持ちさせることができます。毎日のお手入れの積み重ねがあってこそ、シーズンオフのお手入れはラクなものになります。
カビが発生したり虫が付いたりしないようにすることが重要です。見た目は特に変化がなくても、想像以上に汚れや汗が付着しているものです。シーズンオフや長期保存の前には必ずクリーニングに出しましょう。

~クリーニング後~

クリーニングから戻ってきた服を、そのままクローゼットへ保管していませんか?クリーニングのビニール袋は必ず外しましょう。そうしないと、薬剤が抜けきらないのでニオイやカビの原因になる場合があります。袋を取ったら数時間陰干しをし、木製のハンガーにかけ直して、できれば防虫カバーをかけてからクローゼットなどへ保管しましょう。

~虫干しのススメ~

シーズンオフだからといって放置しておくのではなく、定期的に虫干しをしましょう。湿気を取り除く効果があり、スーツを長持ちさせるポイントの一つでもあります。なるべく湿気の少ない日を選び、直射日光の当たらない風通しの良い場所に1日吊るしておきましょう。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る